ICUから病棟へ 癒しのココロ

ICUから病棟へ

「Kさーん、分かりますかー」
「無事終わりましたよー」
という声で目覚めるとまだ手術台の上でした。

手術台からストレッチャーに移された僕は
まだもうろうとする意識のまま
隣接するICUに運ばれた。

時間を聞くと深夜0時を過ぎているらしい。
ということは手術室に入ったのが9時30分だから
約15時間が経過していることになる。

opsign.JPG

ICUに入ってすぐに妻と娘が来てくれたので
「ありがとう、大丈夫やで」
って言うと安心したのか笑みを返してくれました。

説明で約12〜15時間と聞かされていたので
予定通りだったとは思いますが
その間待っていてくれた妻と娘に感謝ですね。

ICUは20床あるんですが壁で仕切られた部屋ではなく
カーテンで仕切られているだけ。
だから自分につながれた機器の電子音だけでなく
あちこちのさまざまな音が耳に入ってくるんです。
手術直後でしんどい身体にはかなりこたえますね。

痛み止めの点滴で痛みはあまりないんですが
とにかく怠い。
水分も飲んではいけないので口を濯ぐだけ。
同じ体勢は辛いけど全く動かすことも出来ない。

眠ることも出来ず朝を迎え
その後もただぼーっとしてるだけ。
テレビを見ますかと聞かれたけどそんな気力もなく
看護師の方が話しかけてくれるのが唯一の気休めでした。

午前中に元の病棟に戻る予定だと聞いていたとおり
10時半頃に元の病棟に移ることができたんですが
あの電子音から解放されたことが何よりうれしい。

運ばれた個室はかなり広く
窓からの眺めも良かったんですが
さすがにその時は動くことが出来ないので
景色を見る余裕はありませんでした。


この記事へのトラックバック