My Favorite Things 癒しのココロ

My Favorite Things・カテゴリの記事一覧


美しいピアノ曲3選

ハードロックはほとんど聞きませんが
それ以外の音楽なら何でも聞きます。

高校生になって初めて出来た友達が
クラシックギターを弾いていたので
かなり影響を受けてバロックを中心によく聞くようになりました。
同じ曲でもどの指揮者がいいとか
どのソリストがいいなんて
今思えば結構オタクやったんですね。

45年も前のことですけどね、ハハ・・・

数ある曲の中で
大好きな美しい名曲を3つ選んでみました。

ベートーベン「悲愴」第二楽章
https://youtu.be/uivKvLAyPvs
J.S.バッハ「G線上のアリア」
https://youtu.be/thQWqRDZj7E
ショパン「別れの曲」
https://youtu.be/fKuv_Xp7BOc


節分に見つけたモノ

カミさんと娘が仕事休みだというので
7年ぶりに吉田神社の節分に行ってきました。

夜は大変な人出になるので日中に行ったんですが
結構たくさん来られてましたね。

参道に入ったとたんエエ臭いが・・・

昼飯は屋台でいいか、と思って出てきたんで
腹はグーグー悲鳴を上げます。
とりあえず参拝をすませてからと
屋台を物色しながら歩いてたんですが
最近は屋台も変わってるんですねぇ。

見たこともない食いもんが並んでるんですよ。
7年前とはえらい違いです。


何はともあれ参拝をして

・・・何これ??

人形型のおみくじ
おみくじの底

おみくじですわ!

中におみくじが入っていて底から引っ張り出すんですね。

「半吉」

何や中途半端な・・・

続きを読む

エケコ人形ってなんだ・・?

equeko.jpg

世界仰天ニュースで紹介されてた

エケコ人形とか言うヤツ。

なんでもインカの神様とかで

願いを叶えてくれるらしい。


毛糸の帽子をかぶったヒゲのオッサンなんだけど

自分が欲しいもののミニチュアを持たせて

煙草をくわえさせると願いが叶うという

幸福人形なのだ。


欲しいものはいくつでもいいらしく

テレビや冷蔵庫やカメラや

自動車から宝石にお金まで

人形が見えなくなるぐらい付けるそうだ(笑)


釣り具のミニチュアでもつくって

持たせてみたいと思う今日この頃

いかがなものか・・・甘いかな?


ちなみに

タバコはマルボロのメンソールが好みらしいので

ご注意を・・・^_^;


試してみようという方はこちらから


↓ ポチッと押してね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

娘のコスプレ

チュートリアルの徳井義実が
コスプレ好きだというのは有名で
この前テレビでも言っていたし何度か見たことがある。

コスプレといえば男が女装をするというイメージが強いが
そうではないことがわかった。

ことの起こりは高校生の娘が
ミシンを使っているのを見たことから始まる。
どうも衣装を作っているらしいのだけど
これがなにやら怪しい。

どうみても魔女かなにかの服にしか見えないけど
こういうのがいいらしい。
自分の好きな格好をして楽しむんだとか・・・。
そういや秋にも文化祭用のステージ衣装の
ピーターパンを造っていたのを思い出した。

それはステージ衣装だったらしいが
それを普段着て楽しめのがコスプレらしい。
なるほど、
コスプレはコスチュームプレイの略だったんだ。

ケンドーコバヤシのやってる
コスコスプレプレって知ってますか?
メチャマニアックな世界ですよ。
headermoto.jpg
これって本当は圧倒的に少女の遊びなんですね。
奥が深いのにはびっくりするほどですよ・・・。
こんな世界があったんやな、と。

アニメキャラなんかはとにかくすごいです。
こう言うのをオタクというんでしょうね。

そう考えるとやはり女装趣味はヘンタイなのか・・・。

とは言え、
メイド喫茶に一度は行ってみたいなぁ
と思ったりする私も変でしょうか?
(ツンデレは嫌やけどね・・・)

↓ ポチッと押してね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ゲゲゲの鬼太郎の妖怪汁

妖怪汁
ゲゲゲの鬼太郎の妖怪汁なるものを友人からもらった。
こんなん知ってる?・・・って、知るかいな(汁かいな?)

まさか妖怪の味がする訳でもないやろうし
汁と書いてジュースとルビがふってあるので
そんなにきな臭いもんでもないんやろう。

賞味期限が切れてしまったのでそっちの方が怖いぐらいや。

この妖怪汁とやら他にもいろいろ出ているらしい。
調べてみると妖怪汁 其の弐以外に

目玉のおやじ汁・ねずみ男汁・猫娘汁
妖怪珈琲・目玉親父のレモンティーがある。

猫娘汁は鰹節の味でもするんか?
いっぺん飲んでみたいなぁ。
なにせ映画ゲゲゲの鬼太郎に出ていた田中麗奈扮する
猫娘にはハマってしまった。
続きを読む

ドジョウ

dojoh.jpg
私の仕事部屋は約7.5畳で2台のパソコンを使っている。
そこにはば1.3mまで印刷できる大型プリンターと
それにラミネート加工できるラミネーター、
その材料まで置いてあるため非常に狭い。

そこに私のペットのドジョウ君がいる。
彼は田植えの準備をしているときに偶然そばにやってきた。
どうも育苗箱を住処にしていたらしい。

これは田植えでなくなってしまうので
行き場がなくなってしまうのだ。
そのまま田んぼに戻してやることも考えたが
これも何かの縁と連れて帰ることにした。

子供たちはとても珍しそうに迎えてくれたが
妻は水槽を置くことを許してくれない。
仕方なく狭い仕事部屋を片付け半日かかって場所を作った。
その間妻はアホを見るような目をしている。

しかしそれから2ヶ月半彼は元気に暮らしている。
普段はあまり動かないが
エサをやると寄ってくる。
間抜けな顔が何ともかわいい。

娘が夏休みの自由研究でドジョウをテーマにし
私の部屋にきては観察していたようだ。
そのレポートに使うために撮ったのがこの写真。
彼はちょっと恥ずかしそうだった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

エダマメ

edamame.jpg
地蔵盆の福引きの景品を買い出しにいくのにつきあわされ
オモチャのディスカウントの店に行くことになった。

仕方なくいったんだが
いろいろ見ていると飽きないもので
店内をくまなく廻ってしまった。

そこで偶然目に入ったのが「エダマメ」というオモチャ。
以前FMラジオの番組で聞いたことのあったもので
無限プチプチに続く第2弾だそうだ。

ちょっと高かったが荷物持ちのお駄賃に買ってもらった。

なんてことはないんだけどちょっと癒される。
パッケージのデザインも癒し系。

edamame2.jpg

注意書きに「食べられません」と書いてあるのが
何ともおもしろい。
だって食べられませんと読める年齢なら
食べるわけないのに・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

キース・ジャレット

キース・ジャレット

とても懐かしいアルバムを見つけたので聴いてみた。
学生時代よく聞いたキース・ジャレットの
ケルンコンサートというソロのライブアルバムだ。

その昔、キース・ジャレットというピアニストは
ジャズミュージシャンではないという人がいた。

確かにジャズというカテゴリーを
大きく逸脱しているようにも思える。

とくにケルンコンサートなんかは
どのジャンルになるのか解らないし
またあてはめるべきでもないと思う。

キース・ジャレットはチック・コリアと
人気を二分していた時期がある。

ソロコンサートにしても
デュオアルバムにしても
どこかライバル的に扱われていたように思う。

いまやチック・コリアはジャズ界でその地位を築いたが
キース・ジャレットはクラシックに傾いたりしながら
自分独自の世界を想像しているように思う。

じっくり聞いていると心の底からこみ上げる情感と
美しい感性にはおもわず涙がこぼれることがある。
決してバックグラウンドとして聞き流せるものではない。

題名のない音楽会の司会者をされることになった
佐渡さんが「思わず涙が出た」とおっしゃるのがよくわかる。

この音楽をジャズファンしか知らないというのは
キース・ジャレットにとっては不遇以外の何者でもない。

そう思うのは私だけだろうか。

山中千尋

山中千尋さんというミュージシャンをご存知だろうか?
テレビ「情熱大陸」にも出演されていたので
ご存知の方も多いかもしれない。

彼女は現在ニューヨークを拠点に活躍する
ジャズピアニストです。

私が彼女を知ったのは
ちょうど6年前の秋
「Living Without Friday」という
彼女のファーストアルバムが発売された時です。

行きつけのCDショップの視視聴コーナーで
偶然聞いたその響きはしばらく耳から離れませんでした。
どういう風にいいのかと尋ねられると
例えようがありませんでした。

続きを読む

好きな香りはいい香り?

お香の話をしたのでもう一言。

「いい臭い」「嫌な臭い」は言うけれど
「嫌な香り」とはあまり言わない。
「香り」と言う言葉にはいいイメージがありますよね。

ワタシが小さい頃、オヤジはポマードとタバコの臭い
母さんはおしろい(今はファンデーションと言うが)の香りだった。

中学の頃は資生堂やカネボウが男性化粧品に力を入れ始めた頃で
ヘアトニックなんかは友達と競い合って使ったものです。
多分その頃に目覚めたのかも。
高校ではインドネシア人(ハーフやけど)の友人がおり
甘い香りのするタバコ(グダンガラム)を吸ったり
マスクオイルにはまったりしておりました。

そういえばティファニーの香りが大好きで
彼女に強要したこともあったかな。

自分の好きな香りはいい香りだと思ってたんだけど
そうでもないんですよね。
人それぞれだから。

化粧品やの娘でありながら
コロンが嫌いな女性もいるんですよ。
なにを隠そううちのカミさんなんですがね。

そう言う訳で、
お香は仕事部屋で楽しむことになっております。